ブランド買取、査定価格の仕組みとは?

買取価格の決まり方

サイト項目

ブランド買取で衣類や季節や気温が大事。バッグや時計は関係ない

ブランド買取りを利用する場合に、より高価に買取ってもらいたいと希望するのは当然のことです。必要でなくなったものとはいえ、思い入れのあるお品も多いですから、納得して手放せるのが理想です。

実は、高価でブランド買取りしてもらうには、いくつかのポイントがあるのです。

一般的に、ブランド品は、新作であればあるほど高い値段がつきますし、より状態の良い新品に近いものに高値がつきます。ブランドは1シーズンごとに新作を発表することが多いですから、半年前に買ったものでも油断できません。買取り価格の下落は、時がたつほどに進みます。ですから、デザインに飽きたり、もう使わないなと判断したら、より早く手放すのがいいでしょう。また購入時の箱や保存袋やギャランティカード、レシートがあれば、出自がはっきりしていますので、評価が高くなります。

衣類の場合は、シミや小さな汚れがあればクリーニングに出したり、しわがあまりできないような畳み方にするなどの小さなメンテナンスをすることが大事です。

また、バッグや時計は関係ないですが、衣類の買取りに関しては、季節や気温に影響することが多いのが大きなポイントです。ブランド衣類は、夏に夏物の買取り依頼しても、冬に冬物の買取りを依頼しても、あまり価格は期待できないのが現状です。すでに店頭には夏物があふれていますから、買取り店側も、夏物をそれほど求めていないのです。では、衣類はいつごろ売るのがいいのでしょうか。

春物であれば2月~3月上旬、夏物は5月~6月、秋物は8月頃、冬物は10月下旬~11月頃が狙い目になります。本格的な需要が高まるおよそ1月前に、買取依頼をすると、ブランド買取りショップも長い期間在庫を抱える必要なしに商品を回していけるので、買取り価格の上昇が見込めます。

同じように、バッグや時計に関しても、クリスマスやバレンラインなどの季節イベントの直後は、ブランド買取りを依頼する人が増えますから、イベント直後よりもイベントより前に売るほうが、価格に期待ができるでしょう。ブランドの中古市場は、需要と供給のバランスが大事で、ブランド買取りは価格変動をしていますから、時期を見極めて売ることが大事になります。シーズン物に限らず、流行品も価格の変動があります。

また、引越シーズンや大掃除の時期にも、買取り依頼が増えやすいので店の在庫が増えますから、その時期を避けて買取りしてもらうのも1つの手です。

Copyright(C)2015 ブランド買取、査定価格の仕組みとは? All Rights Reserved.